• 会員登録
  • お問合せ

スタッフブログ|有限会社ランドワークス(イエステーション水戸南店)|

「ホームページを見た」とお伝えください

029-246-0366

営業時間 10:00〜18:00
毎週火・水曜日定休

< 2021年6月
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

ウッドショック

2021年6月10日

こんにちは、本日をブログを書かせていただくことになりましたトキタです。

ここでは不動産に関するニュースや関連する出来事、不動産を見て回る上で関わってくる単語などをテーマに色々書かせていただきます。

 

さて、初めの記事からいきなり自分事で恐縮なのですが、私は今年マイホームを建てることにしました。
土地を購入し、工務店を決めて、間取りを決めて、いざ着工!

夏には新居が完成するぞと思い新しい家具などに思いを巡らせていると工務店から「家の完成が遅れるかもしれません」という話が……。

 

どういうことなのかを聞いてみると"ウッドショックにより木材が手に入りにくくなっている"とのこと。

 

ウッドショックとはなんだろう?
というわけで気になったので調べてみました。

 

ウッドショックとは?

ウッドショックとは木材需要が高まり値段が高騰。
いままで潤沢に買うことができた木材が高くなったため、また品不足によって買うことができなくなることです。

 

そのため木材の家具が値上がりしたり、新築戸建の建築がストップしてしまい完成の目途が立たなくなったりしているのです。

 

原因は新型コロナ。
今年に入りワクチンが完成したため、アメリカと中国は経済活動が活発になってきたのですが、それと同時に住宅の着工ラッシュが起きているのです。

 

アメリカのコロナ禍前数年の新設住宅着工は120万戸台。それが2021年ではアメリカでもテレワークが拡大したため、新しく家を建てる需要も増え150万~170万戸レベルにまで増加するという話も…。
さらにすでに家がある人も、在宅勤務が増えたためかDIYをする人が増えそこでも木材需要が!

 

さらに、木材を運ぶためのコンテナも不足。

これは木材だけが原因ではなく、中国やヨーロッパをはじめとした各国での"巣ごもり需要"が拡大したため。
家から出られないからネットで買い物をする。買った商品が海外から届けられるため、コンテナを使われる。検疫やコロナチェックで国内デリバリー処理能力が追い付かなくなり、コンテナは港に停留。と、ここでもコロナの影響が出ているわけですね。

これらの背景によって木材の値段が高騰。高くても木材を買う他国に対して、日本が買い負けています。

 

日本は森林資源に恵まれた国なのですが、日本の林業は事業者の高齢化や人手不足、機械化の遅れにより輸入材に押されており、ハウスメーカーなども輸入に頼っている状況。そのため国内の林業だけで需要をカバーすることはできないそうです。

 

早くこの状況が収束することを祈るばかりです。

  • コロナ対策
ページのトップへ戻る